記事一覧

田の端を鍬で耕した

ファイル 413-1.jpgファイル 413-2.jpgファイル 413-3.jpg

先日、耕せなかったコンクリート側2面と4つ角を鍬で耕した。

田の荒起こしをする

ファイル 412-1.jpgファイル 412-2.jpg

午後より、田の荒起こしをする。コンクリート側と角は機械が触れて心配なので、少し残し、後日鍬で耕すつもり。低速で行うので2.5時間かかった。

田に土壌改良剤を撒く

ファイル 411-1.jpg

田に土壌改良剤を撒いた。昨年までは「ミネラルG」だったが、JAより「ミネリッチ」の方を勧められたのでそれにした。「ミネラルG」は8aで160g必要(20Kgで8袋)だが、「ミネリッチ」は80gで良い(20Kgで4袋)。ので楽だ。動噴機の穴の位置は「中」のまま。

ジャガイモの種イモを植える

春彼岸が過ぎて霜もあまりなくなってきたので、ジャガイモの種イモを植えた。種イモを半分に切って、切口に灰を付け、マルチの穴に切口を下にして植えた。右2列が男爵で3列目がメークイーンだ。

じゃがいもエリアにマルチを掛ける

ファイル 409-1.jpgファイル 409-2.jpg

じゃがいもエリアに少し8-8-8を撒いて、軽く耕し、そのあと3畝作り、真ん中にじゃがいも専用肥料を撒きマルチを掛けた。右2畝が男爵で1畝20穴植えられる。買ったのが2Kgだかた半分にカットして40個になるのでちょうど植えられる。3番目がメークインエリアで18穴しか作れなかった。1Kgで約20個だから、ややOKとする。

じゃがいもエリアを耕す

ファイル 408-1.jpgファイル 408-2.jpgファイル 408-3.jpg

春彼岸頃植えるじゃがいもエリアにすくすく3袋を撒き、そのあと苦土石灰を撒いてコマメで耕した。後日、じゃがいも専用肥料を撒いてマルチを敷く予定。
写真左上が耕す前の状態。

玉ねぎに追肥する

雪が降る前に玉ねぎのマルチ穴周りにに専用肥料を追肥した。

玉ねぎを植える

ファイル 406-1.jpgファイル 406-2.jpg

玉ねぎが入荷したので、昼一に取りに行って、植えた。3畝で200ぐらいか。1束が100だから来年は200束にしようと思っている。今年は100束で594円だったので、300束で1782円だった。

玉ねぎエリアに肥料を撒く

ファイル 405-1.jpg

玉ねぎエリアにすくすくと玉ねぎ専用肥料を撒き、5穴のマルチシートをかけた。畝は3エリアつくった。エリアが狭いので、右から100本、50本、50本で200本ぐらいしか植えれないようだ。

玉ねぎエリアに苦土石灰を撒く

玉ねぎ苗が11月15日に入荷するとの連絡がJAより入ったので
予定エリアに苦土石灰を撒いてコマメで軽く耕しておいた。明日土壌改良剤(すくすく)と玉ねぎ専用肥料を撒いて2畝つくる予定。また5穴のマルチも掛けるつもり。