記事一覧

生ゴミ用容器を畑に設置する

近くのMさんに生ごみ用容器を貰ったので、畑に設置し、野菜で廃棄分を入れて、肥料を撒いておいた。今後は野菜の廃棄分はここに入れられるので良い。また堆肥にもなるし。

春植え野菜にマルチを掛ける

ファイル 298-1.jpg

春植え野菜エリアに化成肥料(8-8-8)を撒き、2畝をつくり、マルチを掛けた。5月4日に娘夫婦が来るので、その時にキュウリ等を植える予定。

春野菜エリアにすくすくを撒く

ファイル 296-1.jpgファイル 296-2.jpgファイル 296-3.jpg

春野菜エリアに土壌改良剤のすくすくを撒き、鍬で耕した。後日8-8-8を撒いて耕し、マルチをする予定。

畑のネット手直し

ファイル 292-1.jpgファイル 292-2.jpg

畑のネットをじゃがいもエリアだけにしていたのを畑全体を囲むように手直しした。

じゃがいもエリアに防獣ネットを張る

ファイル 293-1.jpg

先日植えたじゃがいもエリアにはくびしんが入って植えた種芋を一部食い荒らされたので3畝分を囲むネットで囲った。

じゃがいもを植える

ファイル 289-1.jpgファイル 289-2.jpgファイル 289-3.jpg

マルチを掛けておいたエリアにじゃがいもを植えた。購入したのは男爵が約25個で1個を芽が双方に残るように半分に切るので50個となる。メークインも11個で22個になった。
右端と2番目のエリアに男爵を42個植えた。3番目にはメークインを21個植えた。男爵が8個余ったので、以前さといもを植えた左端のエリアが空いていたので、同じいもということで、そこに植えた。植えた後すくもう(もみ殻)を穴の上に撒いておいた。
写真の下は洗面器に風呂の灰を入れて、切った種芋の切り口に付けるところ。

じゃがいもエリアの畝立てとマルチ

ファイル 288-1.jpgファイル 288-2.jpg

じゃがいもエリアに苦土石灰と土壌改良剤を撒いてコマメで耕した。そのあと3エリア分の畝を立ててじゃがいも専用肥料をエリアの中央に撒いて1列分の穴空きマルチを掛けた。残りの2畝は後日の春植え野菜用で雑草が生えないように、あとでマルチを掛けておくこことする。

じゃがいもエリアの草引き

本日は温かかったのでじゃがいもエリアの草引きを行った。明日も晴れのようなので、土壌改良の肥料を撒いて耕す予定。

白菜をくくる

ファイル 286-1.jpg

これから寒くなるので雪が葉の中に入らないように紐でくくった。

玉ねぎを植える

ファイル 285-1.jpgファイル 285-2.jpg

玉ねぎの苗を植えた。大きいエリアには31段で次のエリアには28段、3列目のエリアに残りを植えたので310本ぐらいか。