記事一覧

元肥撒きと代掻きをする

ファイル 44-1.jpgファイル 44-2.jpg

植える4日前ぐらいになったので、先に元肥料を動噴(動力噴霧器)で撒き、その後代掻きをする。肥料は噴霧器の粒の大きさ調整の穴を「多」にする。噴出しのレバーは2ぐらい。速度は2段ぐらい。田の端が少なくなるので注意が必要。1回の量で約1周出来るように。2回入れたら袋が空になる。代掻きは真ん中がうまく荒掻きできていなかったので、ローターが浮いてうまく掻けなかった。来年荒掻きを十分する課題ができた。代掻きの最後にトラクターの後ろに角棒を寝かせて馴らした。