記事一覧

畦の草刈り

田植え後の1回目の畦の草刈りをする。約2時間かかった。

田にヒエクリーンを撒く

田植え後、15日が過ぎ、天気も良かったので、ヒエクリーンを動噴機で散布した。1Kgで穴は「小」の位置で散布した。すぐになくなるので早く畦を回る必要がある。

田に除草剤を撒く

田植え後10日ぐらいたったので、除草剤(ミスターホームラン)を散布した。量が800gなので、最初は手撒きしたが、真ん中まで届かなかったので、200gを追加で例年通り穴「小」で動噴機で散布した。やはり動噴機でないとだめだ。

田植えをする

ファイル 477-1.jpg

本日、予定通りMさんにて田植えをしてもらった。7時30分から8時30分の1時間で終わった。田植え機の肥料の調整がむずかしいとのことで、来年からは、代掻き時に動噴機で撒いておいてほしいとのことだったので、そうすることにした。今年はどこの苗も根が張っていないとのことだった。

育苗に農薬を撒く

明日の田植えに備えて育苗に農薬(箱入り娘)を撒く。1箱50gだから16箱で800gだよって200g残った。いままでは田植え時に田植え機に入れてもらっていたが、今年は直播きにした。

田の水を抜く

明日の田植えに合わせて、田の水を抜き始めた。うまく下がっていてくれればいいがな。

育苗の黒網ネットをいったん外す

ファイル 474-1.jpg

育苗の苗も順調に伸びてきているので、少し遅くなったが、黒網ネットを外した。しかし、近所のTさんの苗が夜中に小動物(ハクビシン)に食われたとの話を聞いたので、夜だけ掛けれるように一部止めておいた。

代掻きをする

ファイル 472-1.jpgファイル 472-2.jpg

代掻きをする。約4時間かかった。午前中の2時間は田の横方向をして、午後から縦方向を耕した。そのあと長方形の代掻き用棒を手で引っ張って馴らした。最後に水を入れて帰った。

畦を塗る

ファイル 471-1.jpgファイル 471-2.jpg

田の水が下がったので、畦を塗った。最初に金鍬で削り、次に熊手鍬で少し乾いた土を乗せ、最後に金鍬の底を使って斜めに馴らす。約2時間かかった。体のあちこちが痛い。昼から再度水を張り始めた。

水稲苗のカバーをシートから黒網に変更

ファイル 470-1.jpgファイル 470-2.jpg

苗が来て1週間もすぎ、残り10日ぐらいになったので、水稲苗のカバーをシートから黒網に変更した。

ページ移動